またローンやクレジットを使えるようになるには

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、時間が経たなければ、クレジットカードの利用やローンを利用することも簡単にはできなくなります。

なぜなら、債務整理者はブラックリストに残ってしまうためです。
約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、この期間は金融サービスをうけることは諦めましょう。
新たに住宅ローンを申し込み、審査に通過するためには債務を整理を経験してからそれなりの時が経ち、いわゆるブラックリストにあたる信用情報機関の事故情報の中から債務整理をしたという記録が抹消されている事が最低限求められます。その期間は債務を整理がおこなわれた方法に応じて違いがあり、消去済かどうかの閲覧は自由に可能です。

もう記録が残っていなければ、たとえ借金の整理の経験があってもマイホームのローン購入は不可能ではありません。

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずは今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。本来の借金の額自体は変わりませんが、まとまった一つの高額借入になるでしょうから、金利を下げることができると思います。

借入先がひとつになったことで、それぞれの支払期日に振り回されることもなくなるはずです。このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で債務整理の手つづきを取るのも悪い方法ではありません。

もし任意整理や個人再生などの借金の整理をおこなうのであれば、原則として安定収入があることが前提となりますが、生活保護費を受給している場合はここでいう「収入」には含まれません。生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、ワケはどうあれ生活保護費を借金返済に充ててしまったら、支給そのものがストップされるといったことも実際にあるようです。 つまり生活保護をうけて暮らしている方は、借金の整理するなら自己破産以外にはないと言えます。
保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。
借金返済できない